■プロフィール

ほっしー

Author:ほっしー
05年には、ヨーロッパで8B+をレッドポイントし7C+もオンサイトしているほっしー。実はワールドカップにも参戦し10位になったことがあるのデス。06年10月に女の子を出産し、今じゃぶよんぶよんのお腹ですけど・・子育てもクライミングもたのしんでます!まだまだがんばりますよー。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
風邪?
ご無沙汰しています。
久しぶりにというか、もうかれこれ10年近くぶりに風邪を引いてしまいました。
その割には、あんまりしんどくはなかったんですが。
その分長引きました。
パソコンもさわらず、まったり過ごす日々でした。
しかし元気なハナにふりまわされ・・・

やっとがんばりだそうと思ってたところだったのに、
また出直しか・・・

それはそうと、西宮のスハラジムはヤバそうですね、あのかたち!
楽しみです。
私も風邪引き中はW'Sボルダー作りにはげみましたので、またやってみてください!!

スポンサーサイト
日々の出来事 | 23:13:49 | Trackback(0) | Comments(2)
岩場めぐり・スロヴェニア・オスプ
久しぶりの岩場めぐり。
お客さんからのリクエスト、スロヴェニアです。
スロヴェニアは初めてのヨーロッパツアーで、長く滞在した思い出の場所、なんせ「初8」を登ったところですから。
そのうえワールドカップデビューまで果たしたところなのです。(初戦で予選突破!しかし準決でグランドフォールすれすれ・・・)
そのスロヴェニアを書いてなかったとは!

私たちの初ヨーロッパツアーは99年です。
ブリアンソンではそれほどの壁にめぐりあえず、セユーズではランナウトに泣き、アルコでは傾斜と強いクライマーたちに圧倒され・・・
あやうく観光にはまりそうになっていた私。
気分を変えるべく、見知らぬ国スロヴェニアに向かうことにしました。
イタリアから目と鼻の先であるにもかかわらず、ヴェールにつつまれた東欧、当時は入国も出国もけっこう手間取りました。(出国の時はかなりあやしまれた)

私たちが最初に行った頃は、ユーロもまだで、スロヴェニアはホントのんびりした田舎の雰囲気がただよっていました。
それがとても居心地の良い、なんというか懐かしいような感じで私は大好きです。(岩場めぐり全般に大好きを連発してますが)
キャンプ場もな~んにもなくて、ニワトリの声が聞こえてきたり、
何でも屋さんのバスが音楽ならしながら通ったり(ロバのパンや風に)、
おばちゃんたちは言葉が分からないなんてことあるわけないとばかりにしゃべりかけてくるし(さっぱりわからない)
ある夜はポーランド系のクライマー?の合奏がはじまるし(とてもステキな民族音楽でした)
キャンプ場の農家にはワインかブランデーなのか、あやしげなぶどうの樽がふたもなく置いてあって、蜂だらけでした。(キャンプ場を去るときには自家製ワインをペットボトルにいれてくれました)
そういういろんなことが郷愁めいて思い出されます。

けれどスロヴェニアは発展真っ只中。
その後何年かスロヴェニアにはワールドカップで毎年訪れましたが、
がらがらだったマクドナルドは満員に、
閑散としていた大型スーパーも盛況に、
キャンプ場も岩場もいっぱい、
なんとなく田舎くさいところが薄れていくような、
出会う若者たちも、「日本みたいになりたい」と何人もから聞いて、ちょっとショックでした。

ところでクライミングですが。
エリアはそれほど大きすぎず、まとまりがあってとても登りやすい環境です。
バリエーションも豊富で短くてきついのから、長いのにキツイのまで・・・?いろいろそろってます。
グレードも6台からそろっていて、しっかり6台でもおもしろく印象深いです。グレード感覚も登りやすいほうでしょう。
とっつきやすく登りやすいのは、短くも長くもない中間あたりのルートですが、中央左寄りの長い壁は美しくて内容も濃いです。
私の初めての8は、サムサラというルート。最初は8A+になってましたが、8Aにおちつきました。
その頃はまだ女性の13Aすらめずらしく、私も2本の13Aを登れていただけだったので、苦労しましたが、面白いルートでいろいろ勉強になりました。
今風で言うとどっかぶりイケイケルートエリアではないのですが、その分岩登りらしいムーヴのおもしろさがあります。

季節はベストは春とか秋かもしれないけど、日本の岩と一緒で地元はいつでも登ってるだろうし、いいシーズンの秋は雨が多いし・・・
岩の形が、ローマ遺跡の円形劇場のような感じなので、同じ時間でも陽が当たってるところ、陰ってるところがあるので、時間帯で変えながら登っていくという感じです。

スロヴェニアは言わずと知れた多くの強いクライマーを輩出しているところ。
若い子もいっぱいのぼりに来ます。
かわいい女の子もいっぱい!(岩場にいっぱいいるかどうかは知りませんよ)
ある日、岩場でコンペをする、ということで大盛況でした。
「岩場でこんぺ?どうやってするの?オンサイトでもないのに」とみていると・・・
とにかく順番に端から登っていくのです。
降りてきたら、すぐ次のルートへゴー、
グレードはどんどんあがり・・・
落ちるまで登り続けるのでした。
かなり盛り上がってたな。
そのアバウトさ、こだわりのなさ、タフさ、
そういう土壌が、若いクライマーを育てていくのか、と思いました。
(海外でであったひとたち、岩場めぐり・テラデッツもみてください)

観光には有名なポスト-ニャの鍾乳洞(でかすぎます)
首都や近くのコペル
毎年ワールドカップのあるクラニも古い街並みはいい感じです。
そして意外にもパン最高!なんともいえない素朴ででっかいパンがあって他では味わえません。
あ~また行きたい!










未分類 | 22:11:40 | Trackback(0) | Comments(2)
水越峠から葛城山
20090209235404
今日はダンナは金剛山周回コース、ダイアモンドトレイルの後半です。私たちは水越峠から葛城山を目指しましたが、途中でギブ。キツイですね、このコース、階段ばかり…ハナも50分くらい歩きました。まぁ遊んだり休息したりのんびり登山ですが。ハナを背負ってすぐにリタイア、もう重くて足が上がりません。帰りは堺のジムに寄りました。ピンクのトラバース、おもしろ過ぎじゃないですか!距離感も絶妙。キビシイです…またやりに行きたい…今日は足も腕もヨレヨレです!

未分類 | 23:54:08 | Trackback(0) | Comments(3)
久しぶりのリード
今日は雑誌の取材がありました。
雑誌といっても中学生向けの学習誌なので、目にすることはないと思いますが。
「クライミングの魅力は?」とかいう質問に答えつつ、写真を撮ることになりました。
ボルダーはよかったんですが、やっぱりリードを登る写真がほしいじゃないですか。
どこの壁でも登れると言った手前、一番かぶった真ん中を登ることに。
(国体以来、初のリードなんですけど・・・)しかも
「なるべくゆっくりのぼってください」と言われ

赤四角の11B、後半ヒホヒホになってしまいました・・・
最近ホント登ってないからなぁ。
体重も増えてるし、
そろそろがんばりはじめないとヤバイなぁ・・・

まぁ、それはともかく
ゆっくり登るのってなんとしんどい!
コンペじゃ、よくタイムオーバーになってた私、もともと登りはトロイはずだけど。
そういえばオーストリアのユースは同じルートを、早く登ったり、ゆっくり登ったりしてトレーニングしてるって読んだような・・・ルートがい~っぱいあるわけじゃなく、同じルートをいろんな登り方でじっくり登りこんでるみたいです。
そんなことを思い出しました。



クライミングジム | 01:25:58 | Trackback(0) | Comments(2)
ポンポン山
今日は久しぶりのポンポン山です。
天気もよくてあたたかです。
ハナは今日は上の駐車場から2丁まで歩きました。あともう少しで本山寺!
しかも山道のほうです。
本山寺までは山道とコンクリートの道があるんですが、コンクリートのほうは嫌がります。険しい道ほどやる気がでるみたい・・・
今年中にはポンポン山登頂できるかなぁ・・・

そして今は私はジムで一人コンペ。贅沢だ~
ちなみにたった今、1本目の垂壁やってガクガクです。キーボード打ちにくい・・・

ところで、お客さんで夏にスロヴェニアに行きたいと言う人がいて、私の「岩場めぐり」をみたんですが、書いてないみたいですね。
すごく思い出深いエリアなのに、書いてないのは不思議です。
久しぶりに「岩場めぐり・スロヴェニア編」書こうかな。

日々の出来事 | 18:32:23 | Trackback(0) | Comments(1)
えんそく
もう先週のことですが、江坂のクレヨンハウスに行ってきました。
私とハナは毎月1回、二人でどこかへ出かけようと決めています。
今年はなるべく自然の多いところへ行きたいな。二人で遠足ですね。
(毎週、家族で山へ行ってるくせにね)
1月は寒いので、公園と屋内で楽しめるところを組み合わせようと思って、
だいぶ前から、江坂に行くのを計画してました。

クレヨンハウスは私の大好きなところ。絵本とおもちゃのお店です。
でもハナが生まれてから遠くて行けなくて・・・ずっと行きたかったんです。
お店の前は大きな公園で、わたしたちにはぴったり。
ハナは大喜びであそんでました(よじ登りまくってました。よく考えると子供の遊具って、ほとんどがよじ登り系だなぁ。わたしたちは大きな子供です)

お店の中でもハナはテンション高くって、大きな声でしゃべりまくっていました。
絵本を買ったときはレジの人に
「とっても元気なお子さんですね。」
と言われて、赤面でした。
昔のようにゆ~っくり絵本をみてまわるってことはできなかったけど、楽しい一日でした。
2月はどこに行こうかな・・・



こどもとわたし | 17:42:20 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。