■プロフィール

ほっしー

Author:ほっしー
05年には、ヨーロッパで8B+をレッドポイントし7C+もオンサイトしているほっしー。実はワールドカップにも参戦し10位になったことがあるのデス。06年10月に女の子を出産し、今じゃぶよんぶよんのお腹ですけど・・子育てもクライミングもたのしんでます!まだまだがんばりますよー。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
急がばまわれ・・・
土曜日はみえこどもの城で子供トップロープ講習でした。
トップロープは初めてという女の子も含めて、みんな熱心に取り組んでいました。
そこでちょっと思ったこと・・・

子供なので体格差も大きく、ちょっとしたムーヴでつまってしまったりすることがあります。何回もやってみてもできなかったり、アドバイスしてもうまくいかなかったり。
体格的にや経験数的に難しいそうだなというときもあるので、スタンスを足して登ってみることをすすめてみたり、違うルートをすすめてみたりするのですが、これがなかなか難しいです。
「コレは君にはできないよ」と言っているわけでも思っているわけでもないんですが、
まぁ気持ちは分かります。
出来ないことは早くできるようになりたい!
どうしてもソコにこだわってしまいがちです。
でもはまってるときは、やればやるほどはまるんだなぁ~。

今まで大人のスクールでもやはりそうでしたが、
スタンスを足して登ったり、違うルートを登ったりしたって、そのルートは登れない、意味ない、
と思いがちです。
でも私の経験からいうと、
ぜんぜんそんなことないです。
私は岩場で目標のルートを登るためには、その2つくらい下のグレードをいっぱい登ることと、オンサイトをがんばることにしています。すると自分の目標ルートが近づいてくる感じ。
ジムでも課題としているルートでどうしてもリーチ的にできない部分があったとき、スタンスを足してトライしていました。その状態で完登できてしばらく後、オリジナルのスタンスでも登れてしまってびっくりしました。リーチを補うだけのムーヴが身につくときもあります。

おんなじルートばっかりやってても、違うルートからやってもそのルートが完登できるようになるまでの時間はいっしょかもしれません・・・がいろいろやった方が楽しいと思う!
今できなくても、思いもかけず簡単にできてしまうときがきます!
登ってて無駄なことはないはず。
(と言いつつ「あぁ~もうちょっとなんだけど、もう1回!」ズルズル~ということになりがち・・・)

子供たちをみてて思ったのでした。
なかなか言葉で伝えるのは難しいです。


スポンサーサイト
クライミング日記 | 23:36:58 | Trackback(0) | Comments(0)
岡山
今週は岡山へ行く予定でしたが、私とハナは取りやめ、お父さんとタカクラくん2人が行ってきました。
私は天気もよくなさそうだし、壁の状態が悪いといろいろ移動したり、子供がいると手間取るし迷惑かなぁと思ってたけど、お父さんはさみしそうに出発していきました。
子供連れで行くようになってから、私のメインは自然の中であそぶことにどんどん傾いていって・・・その点では岐阜方面が気に入っています。
登る方では岡山久々に登ってはみたいんだけど。(昔はよく通いました!)

午後からジムへ行ってハナとあそんでると、ハナがおもいっきりボッテ~ンとこけ、
肩が内側に入ったような体勢で、いつもはこけたぐらいへっちゃらなのに、泣いて起きてこないし、
起こしたら腕をだらんとさせて、イタイイタイといって泣くし、
「手あげてみて」というとあがらないというし・・・
私まっさお(保母をしているとき子供の腕が簡単に抜けるのに何度か遭遇)
慌てて近くの鳥飼整骨医院へ保険証も持たず飛び込み。(シーズン中は私がお世話になってます)
先生がハナの腕を見ようとするとすごいチカラで手を引っ込め、私の首にしがみついてきました。
(腕あがってるやん!!あんなにぶら~んってしてたのに)
「こんなけチカラ入ってたら大丈夫でしょう」(先生苦笑)
まわりのおばあちゃん方々も大笑い。
あ~よかった~(はずかし~)
鳥飼整骨医院はジムのすぐ近くです。お騒がせしました。ありがとうございました。


こどもとわたし | 00:14:50 | Trackback(0) | Comments(0)
雨、雨・・・
月火と岐阜の笠置山に行ってきました。
今朝は車で寝ていたら、早くから雨の音・・・
そのまま退散してきました。
昨日は、アプローチで登り登り・・・
でも寒くって6級でアップするも身体が硬くてなって
「こわ~い」を連発(ホントはそんなにこわくない)
また山を登って次の岩、
今度は離陸できず・・・(2級だったと思うけど)
アップ不足か、と途中のガバからやろうとしてみるが、
動けず。
そして今日は雨。
う~6級1本で私のクライミングは終わりか・・・
しかし足腰は筋肉痛、アプローチの山登りでか。
つくづく情けない。
ハナは元気モリモリで帰りのアプローチで肩車してもらい、ノリノリでした。


未分類 | 23:26:34 | Trackback(0) | Comments(0)
ジム受付
昨日今日とお父さんが忙しいので、昼間の間ハナと2人でジムの受付です。
ザックにお弁当に着替えや毛布、絵本におもちゃいっぱいつめて、
まるで家出です。
しかも昨日は雨だったし。
ジムへはオープンよりだいぶ前につくようにして、ゆっくりそうじしたりあそんだり、お弁当たべたり・・・
今日はハナが登りたいというので、
垂壁の下部にホールド1個とスタンス3つつけてあげました。
やっていると登るよりホールドをつけてる行為のほうがおもしろそうだったみたいで、登るよりホールドを探しに行ってました。

2時半頃には撃沈したので(コテンと寝た)慌てて登り始めてみたけれど、
あまかった・・・
垂壁3本アップしたら泣き声が・・・
私がかってに登ってたからか、かなり怒ってた。ゴメンゴメン。



クライミングジム | 22:45:46 | Trackback(0) | Comments(0)
ホーライ・ガンコ岩
20091110172623

2日間ホーライに行ってきました。天気も思ったよりもちこたえ、寒くもなく快適なツアーでした。
私も4年ぶりのリードクライミングにドキドキ、新鮮でおもしろかったです。
1日目は到着も遅く、結局2本しかのぼりませんでしたが、2日目は4本登りました。

前日の2本のアップに加え、
きつねの嫁入り11C(中間部ではまってめちゃめちゃねばり、なんとか完登。ヨレヨレ・・・足を上げれば簡単にすむことなんだけどねぇ、怖くてなかなかあがらない)
ムーブ12,11D(とてもムリだろうと思っていたのに完登できてびっくり。おもしろかった!)
4本登ってホントにヨレヨレになりました。
やっぱり岩登りはおもしろいなぁ。
もうダメかとおもったところからもけっこうねばれる。小さいホールドでもガビガビで指がひっかかってもててる感じで助かったり。
ホールドもスタンスもいろいろあって、悩みながら組み立てていく感じが新鮮でした。

今回はハナの宿敵堺店店長タカクラくんが一緒に行ってくれて、リードもすることができました。ありがとう。ハナもすっかりうちとけたようです。よかった・・・

それにハナが機嫌よくガンコへのアプローチを往復歩いてくれたのがびっくりでした。よくがんばってくれたなぁ。
キャンプもすっごい喜んではしゃぎまくっていたし、私が登ってる間お父さんが相手してくれて岩場の下部を少し登ったりして、それがすごくうれしかったみたいです。
なんか仲間入りできたような、そんな感じがしたんだろうな。
帰りに
「ハナすごいがんばってたから、もう少し大きくなったらガンバの靴かってあげようか」
「ハナは靴はいらん。トップロープとかもいらん。」
「・・・・」
もっといいものが欲しいのよねぇ。

クライミング日記 | 17:26:25 | Trackback(0) | Comments(0)
ガンコへ出発
20091110172220
今日も元気にガンコへ出発!どんぐりいっぱい拾いながら1時間以上かかりました。それなのにお昼のパンを忘れてしまった…おやつはたっぷりあるんだけど。

未分類 | 17:22:22 | Trackback(0) | Comments(0)
4年ぶり
かれこれ4年ぶりに岩場のリードです!ホーライに来ました。今日はガンコ岩。ハナも往復しっかり歩きました。(本日最大の難関)私はまず9を登って10dのタップダンサーを登って、もう薄暗くなり下山。久しぶりのリード怖かった~ドキドキ。やっぱり岩はおもしろ~い!

未分類 | 18:32:14 | Trackback(0) | Comments(0)
持久力
そろそろ身体もリセットして体力づくりから・・・とおもっていますが、なかなか。
私はさほど悪くもないムーヴが続くようなローカルエンデュランス的なことが昔から苦手です。
持久力がないからか、やさしく登れるムーヴ作りが下手だからか。
昔はダンナに「耐久力がないからや」と持久力以前の問題とされてました。
ようするに体力以前に気持ちの持久力がないってことでしょうか。たしかに・・・

それでまずは手始めに垂壁からやさしいのばっかりをつなげてつねげて、最後に岩ころリード側の水色、100手くらい。
もう何回かやってるけど撃沈ばっかり。アップにするつもりが回復不能なほどはりまくり。
やさしいところをやさしく、あんまり消耗せずに登るのは難しい。
これからの課題にしようっと。最近食べすぎだし汗かけてちょうどいい。
国体前にやりはじめてた茶色も再開しないと!(ラスト悪い~レストできない~)


クライミング日記 | 22:55:23 | Trackback(0) | Comments(0)
「夏から夏へ」
イベントの多かった10月も無事に終わり、気がつけば11月(寒~い!)
11月もいそがしくなりそうな予感ですが(去年と同じ)
また地道にクライミングがんばろう・・・
最近ぼちぼちしかやってないので、ぜんぜん登れません。
落ちてばっかり・・・


久しぶりに読み応えのある本を読みました。
子供が生まれてからはパラパラ読めるような本くらいしか、図書館でも借りないようにしてたけど(いそがしいのにハマッても困るし)
図書館でふと手にした本でしたが、男子4×100mリレー日本チームのドキュメントのような内容で。
朝原選手とかのこと大阪陸上のときのこと、練習風景かなり詳しくかかれてました。(タイトル「夏から夏へ」)
前から朝原さんのことはファンで応援してたけど、
ホントすごいです。
実は同年代で(1こ違い)同じ近畿ブロックで、私も短距離だったし(私はぜんぜんダメだったけど)
ずいぶん前から「まだがんばってるんだなぁ」と感心してたけど、
私の遠い記憶のあの陸上部の練習・・・もちろんそれよりはるかにハードな毎日がず~っと続いてたことを想像すると身震いがしました。
しかもいろんなものを背負って。

でも他のリレーメンバーみんなそうなんですが、
練習内容の試行錯誤、走法の研究、私には分かり得なかった細かい細かいたくさんのこと、
そういうことを自分で切り開いていくことが、とてもおもしろいようです。
そういうことを常に考えたり試したりしていくことが、楽しいんだそうです。

その気持ち陸上競技ではあまりにも未熟で分からなかったけど、クライミングではちょっとは分かる。
やっぱり長く続けているからか。
続けるっていうのは大切なことだな、と思いました。
おもしろさが分かるから続けられるっていうのもあるか・・・部活と違って自分で考えるしかないから。





日々の出来事 | 22:42:25 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。